『天照大神 厄除けお守り鏡』の誕生憑依の意味
隈井妙典 初代 千佛寺住職
故・隈井妙典

広島県生まれ(大正3年〜平成21年)。
司法省司法技官を拝命、受刑者の公正指導を行う。
真言宗松尾山松養寺(隠岐)住職となったのち、山口県宇部市厚南に一王山千佛寺を開祖。
1974年宇部市善和瀬戸原に、宗教法人観音千佛寺を開創。
『天照大神厄除けお守鏡』開発者。

『天照大神厄除けお守鏡』誕生まで。

1947


1952
1953
1958



1962
1974
1991
1994
1995

1996
1999

2000
2005
第二次世界大戦より復員
企業組合 銀座紙工を設立 理事長に就任
紙箱器類の製造販売 多数の特許を取得
出家 高野山真言宗総本山金剛寺に入る
隠岐の島の真言宗松尾山松養寺住職となる
華道高野真流師範となる
住吉神社 原野宮司について霊の研究を行う
元外交官で総合科学学会会長 仁宮武夫先生主催の「心霊科学会」特別会員になる
同所 二木謙三先生に催眠法、腹式呼吸法、食生活法など健康を学ぶ
宇部市厚南に王山千佛寺を開祖し、「心霊科学研究会」を主催
宇部市善和瀬戸原に移り、宗教法人宇部観音千佛寺を開祖
宇部市芸術文化功労賞 受賞
日本・イタリア文化交流のためラクイラ市文化祭に仏画出典
大阪市美術館における第17回IFA美術展に仏画出典 大阪市長賞受賞
スイス・ベルン市第10回日本文化祭に仏画を出典
東京都町田市NHK仏画講師
中国新聞キャリアカレッジ仏画講師
スペインAMSC国際芸術シンポジウム特選を受賞
スペインにてコレクショナブレ名誉賞受賞
『天照大神厄除けお守鏡』生まれる

運転中にタヌキが憑いたらしく


京都市 ふきさん

車の運転を初めて
1年くらい経った頃のことでした。
夜、自宅に戻る途中で、踏切を渡ったとたんに、
右側の肩がズシ〜〜ンと重くなって、
冷たい座布団でも乗ってきた感覚です。
小さい頃から、時々こんなことが起こっていたのですが、
今回は、ちょっと大掛かりな気がします。

びっくりしながら、それでもと、車を道路脇に止めて、
右肩に触ってみましたが、何もなくて。
そのうちに自分の身体の中にその冷たい座布団は入って来て、
私が左肩のところに押し出されてしまったような。

車を運転することはできないと思って、
夫に電話して迎えに来てもらって。

自宅に戻っても布団をかぶって寝ているしかなくて、
こんな感覚が、
千佛寺の和尚さんの書かれた『私はだれ?』という本に
あるような感覚ではないかと思いながら。

冷たい座布団は、
2〜3日臥せっていると、静かに去っていくのですが、
一度この本の著者に出会って、お話を聞きたい気がしています。

ふきさま
千佛寺にお参りいただいて、
『私はだれ?』の著者の和尚さんとお話しされて、
お経に会われるのも一つの方法かと思われます。

お寺という場所は、不思議な力を持っていて、
人は何かと癒されるものです。
足を運んでみてください。

心を病んだ妹が


福山市 よしえさん

2人姉妹のよしえさん、
どうしても子供を持つ決心がつかないんそうです。

小さい頃、身体が弱かった妹が
両親の愛情を独り占めにしていると考えて、
影に回っては妹をいじめた思い出があります。

いえ、実際に、両親の愛情を得られないことが辛くて、
妹に当たったということを、忘れることはできない…と。

結局妹さんは、自分に憑依して、
幸せになれないようにがんじがらめにしていると
信じているらしいのだそうです。

子供を産んだら妹は、私が妹にしたように、
私の子供をいじめるに違いないと思っていて〜〜。

憑依というのは、
何者かが自分に取り付くということが本来ですが、
自分が作り出しているということもあります。
千佛寺にお参りいただいて、和尚さんとお話しされて、
お経に会われるのも一つの方法かと思われます。

お寺という場所は、不思議な力を持っていて、
人は何かと癒されるものです。
足を運んでみてください。

前世は子沢山の漁師の女将さん


萩市 早苗さん

知り合いの看護婦さんで、
どうしても子供のできない人が、
近頃、不思議な夢を見たと。

子供ができないことで毎日とっても辛い思いで暮らしていたのですが、
ご主人と一緒にお彼岸にお墓にお参りに行った時に、
お墓の周りの空中にたくさんの子供たちが遊んでいるのが見えたそうです。

びっくりして見ていたら、自分もそこにいて、自分が前世で漁師の奥さんをやっていたということがわかったそうです。
前世では、自分は子供を8人も持って、楽しそうに笑いながら暮らしていたのでした。

それを見て、
「ああ、今世は子供を持たないで、少し休みたいと決めて来た」
そんなことを思ったと傍らの主人に伝えたら、ご主人がびっくり。
そんなご主人の顔を見ながら、泣いてしまったそうです。

その日から「子供ができない〜」と思うたびに、
前世で産んだ8人の子供のことを思い出し、
本当にホッとしたそうです。
前世の子供たちにもありがとうだそうです。

五葉の松の運命は


倉敷市 しのぶさん

子供が生まれた記念に、庭の西側に五葉の松を植えたのは祖父でした。
五葉の松に孫の成長を託して可愛がっていましたが、
孫が4歳になった頃、祖父の仕事に問題が起きて、
五葉の松の植わった庭のあった土地家屋を、
手放すことになりました。

祖父は、家を手放すことに加えて五葉の松に、
「憑いて行きたいくらいじゃ」と。
孫と別れてしまうことになるのではと思い込み、
本当にその通りになったと嘆きました。

しかし、その後の祖父は、心機一転、
盆栽の10センチくらいの松を大事に育て、
孫の幸せを願っていると、目を細めるようになりました。

「いつか、盆栽展で優秀賞を取ってみせる!」と。
手放すことになった五葉の松も、きっと今頃〜と、
祖父の楽しみに変わっていました。

託すも、思いを込めるも、自分次第ですね。

海の事故で亡くなった息子


松江市 文子さん

息子の誕生日は、いつも家族で海に行きました。
今年も家族で出かけたました。
楽しく泳ぐはずだったんですが、海に入ってから間もなく、
息子の姿が急に見えなくなって、
必死で探しましたが、亡くなってしまって。
その日に限って、海の水が異常に冷たかったそうでした。

その日から可愛がってもらっていたお婆ちゃんの所へ、
息子が出てくるようになったというのです。
洗濯物を干そうとすると近くにいたり、
食事の時も何かと世話を焼くようになって。

憑依とは言えないかもしれませんが、
お婆ちゃんは千佛寺の「天照大神厄除けお守り鏡」を
持っておきたいと言いましたので、送ってください。

そんなお電話でのご注文でした。

次のページ

「視えるんです」 伊藤三己華著 のマンガをご存知ですか?
かわいくって、怖い? 視える漫画家の禍々しくも可笑しい日常を描いた実話ホラーエッセイという名の、漫画。

実際にこういう人がいることがよくわかりますので、気になる方は一度立ち読み(できるかな?)してみてください。
生霊の話、ススワタリの話、お祓いの話など、盛りだくさんです

アマ照らす
巷に溢れる「霊障」のいろいろ・・・
霊とは、肉体が死んで無くなり、魂だけになった状態のことを言います。人のみならず、命あるものはすべて、死んだらみんな霊になり、永遠に消滅することのないエネルギーの魂になります。

霊がプラスのエネルギーであれば、死んだら迷うことなくあの世に旅立つことができますし、残った人たちを助ける力もあります。
しかし、死んだのちに残ったエネルギーが、汚染されたマイナスの力をもっていたら・・・。あの世に旅立つことができず、執着、恨み、憎しみ、恐怖、穢れなどの未処理の苦悩の怨念を抱えたまま、この世でさまよい続けることになります。つまり成仏できない未成仏霊・浮遊霊になり、不安や恐怖のあまり、誰かを頼って憑いたり、人を傷つけたりという霊現象を起こすことになるのです。

地球上で進行する環境汚染に対して、さまざまな対策が行われています。しかし、大気や水のみならず、霊も汚染されているのです。
このことによって、さまざまな霊障が起きていることは、あまり知られていませんが・・・。
「慈悲」と「智慧」の世界へ
問題を起こす子どもやその家庭に欠けているのは、目に見えない心の世界にある神仏の存在。
そこから生まれた「真理」、なかでも「慈悲」の心や「智慧」の存在です。
「慈悲」
仏さま・菩薩が衆生・すべての生き物をあわれみ、慈しむ心のこと 情け
「慈」は、すべての生き物に「楽」を与えること
「悲」は、苦を除くこと

「智慧」
真理を明らかにし、悟りを開く働き 宗教的叡智

つまり、「慈悲」は、すべての生き物を生死輪廻の苦しみから救う心であり、「智慧」とは「般若」と同じ意味なのです。
このようなことから、「慈悲」も「智慧」も、仏教では最尊の徳目とされ、「慈悲」と「智慧」をもっていなければ、本当の人格とは認められなかったのです。

子育てはとくに、「慈悲」と「智慧」をもった人格の完成を目指して努力が必要です。
お問い合わせ・ご注文はこちらから
inserted by FC2 system