あなたに絵手紙

ファーマーズマーケットの楽しみ


今いろいろなところで、有機栽培の農家さんが、
町の人たちに知って欲しいのと、農作物を提供したいのとで、
ファーマーズマーケットが開かれています。

パリやローマなどでも、
街角でいろいろなマーケットが開かれていて、
手軽に、新鮮な、採れたてのお野菜をゲットすることができます。

毎週土曜日に20〜30軒くらいのお百姓さんを中心に、
豆腐屋さん、ケーキ屋さん、パン屋さん、ランチ屋さんなんかが
集まっているのに出会ったら、
ぜひ、ちょっと寄ってみたいものですね。

何しろ新鮮。
神戸のマルシェには、トウモロコシが木になったまま運ばれてきていて、
自分で収穫できるところもあります。

楽しむことのできる場所や、行事、仲間がいっぱいあることが、
健康の秘訣かもしれませんね。
努力して、楽しいことをいっぱい集めて暮らしましょう。

ファーマーズマーケットの楽しみ

相手のためにするガマンの良し悪し


東京都 吉田ひなこ

好きな人ができて、お付き合いを始めてから2年。
なかなか結婚の話にまで進まないのです。

特に食事ですが、彼は洋食派で、私は和食派。
デートのたびに悩むのですが、私ついガマンしてしまって、
あんまり食べたくないイタリア料理におつきあいを。
食事中は気がすすまないお料理ですから、
美味しそうな顔をすることができなくて。

先日、ボソッと言われてしまいました。
「僕さ、お料理が好きでね。結婚相手は、
 お料理が好きな人がいいな? と思っていたんだけど、
 食べることがあんまり楽しそうじゃないので、
 お料理担当はボクになるかと思うと、ちょっとね」

びっくりして、そして考えました。
私にとっては、もう二度と出会うことがないだろうと思えるほど
素敵な人だと思って、遠慮したり、ガマンしたりしていたのですが。

心機一転。
和食デートに誘い、銀杏の焼き方や、ユバの煮物を説明し、
作る楽しさを披露しました。
すると彼は、
「僕の知らない世界を知っているね! 素晴らしい!」
と感激してもらうことができて、トントン。

夏前にゴールインできることになりました。
相手のためにガマンは必要ですが、してはいけないガマンのあるんですね。
人生かけての反省!でした。

相手のためにするガマンの良し悪し

これからは目と足の医者を目指せ


身体メンテナンスの整体の先生が言うには、
若い自分が、いまから仕事を選ぶとしたら、
目のケアと、足のケアのできる人になる……って。

目は、テレビやスマホやタブレットで、
子どもからどんどん悪くなるだろうし、
若い頃からケアが、必要になっていかざるを得んと思う。
足はナ、ダイエットや小食で、
若い女性の足が鹿みたいになっとって、人生を支えきれん。
平均寿命まで動く身体に耐えられんようになる。

いまから、目と足の医療は大切になると思うわ。
若かったら、ここを担当したいわ。

今までの日本人、どっしり足が、人生支えてきたのに、
大事にしないとなナ……だそうです。

たしかに、80年間、いろいろな時期を支えてもらった足。

マゴ2のニックネームは<バンビ>。

マゴ5は、やっと買ってもらえたタブレットに夢中。
センセの言うこと、お知らせしときますね。
とにかく今日は、毎日酷使中の足と目に大感謝です。

これからは目と足の医者を目指せ

愛いっぱいの切り紙の箱


被災地へ送るクリスマスカードを、
もう11年も作ってきました。

クリスマスカードを作るために、サンタさんや、クリスマスツリーや、
プレゼントの箱や、リボンや、星や、水の結晶を、
前もって作っておくのですが、
中でも一番出番が多いのは赤いハートの形の切り紙。

たくさんになると、見ているだけで愛がいっぱいな感じがして、
ほかほかしてきます。
写真に撮って、ハガキに仕立てたり、
引き伸ばして写真立てに入れたり。
実際に、プレゼントカードに使ったり、楽しめます。

こんなカードがハンドバッグに入っているだけど、
ホカホカします。

愛いっぱいの切り紙の箱

ろうそくの灯火の温かさ


わが家の初詣は、下町の小さな稲荷神社さん。
亡き主人の父親の名前が、鳥居さんの右側の柱に
ほんの10センチくらいの大きさで書いてあって。

その神社に息子とお嫁さんんとマゴとで。

その神社のろうそくの灯火は、
なんか〜1年中のお守りのようで大切な温かいものです。

ろうそくの火
次のページへ
   

inserted by FC2 system